ゆの日和

yunobiyori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 26 )

明けましておめでとうございます!


2014年がスタートしました。


ゆのさや農園は年末年始も特に関係なく最後の出荷は大晦日、仕事始めは三日から通常営業を開始させて頂いております。それでも大晦日の最後の配達が終わった足で東京に帰郷。「紅白」を親族で見ながらゆっくり年越しをして、元旦は大混雑の中、地元の高幡不動に初詣。それだけでも十分正月気分を満喫出来ました。


昨年はブログの更新も少なかったのですが、畑の様子も伝えられていなかったので、今年は畑の様子をもっとアップしたいと思っています。



本年もゆのさや農園を宜しくお願い致します。



e0249197_19555515.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2014-01-08 19:56

タケノコ真空パック


南部町にいた頃に御世話になったお寺の住職さんに、用意してもらったタケノコを真空パックしました。



タケノコは野菜なのかというと、ちょっと違うのかも知れませんが、お寺の竹林のタケノコですので勿論無農薬、無化学肥料ですし、何と言っても1年のこの時期だけの旬の味。ご住職様に堀上げて頂き、大釜で煮てアク抜きしたものを一晩湧き水で冷やして貰いました。


それを皆さんへお届け出来る様に真空パックして、熱湯で煮沸。この過程でこの後冷蔵なら1年後でも美味しく食べられるとの事なので、暫くは旬の味がお届け出来そうです。


我が家ではお馴染みのエシャレット餃子にタケノコも入れてみたら更に美味しくなりました。煮て良し、揚げて良し、炒めて良しの万能選手。楽しみにお待ち下さい。




e0249197_12421260.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2013-04-18 12:28

しんぶんし


我が家も遂に新聞をとりました。


e0249197_1540262.jpg




というのも、情報を知る事は勿論ですが、野菜を出荷する際に新聞で包んで箱詰めしていますので、結構使うんです。新聞で包む事によってほかの泥汚れが移らないし、保湿して鮮度を保つ事が出来ます。


今までは東京の実家から持ってきて貰っていたのですが、毎回それも面倒なので取る事にしました。




朝、夕刊合わせて一ヶ月で¥2900。家計の負担は少し増えますが、実は木曜日の夕刊にもう一つのお楽しみが‥‥




e0249197_15455690.jpg






静岡新聞のはスゴく詳しい!!!
[PR]
by yunobiyori | 2013-04-05 15:37

青色申告締め切り

遂に閉め切りがきてしまいました。確定申告。


ゆのさやでは控除が多く受けられるというメリットにつられて春に青色を申請したのですが、今年の収入ではまだ白色でも良かったのかも知れません。


それでも申請してしまった以上やらざるを得ず、締め切りもどんどん迫ってきて、じゃがいもは植えたいし、出荷はあるし、子供は泣くしで伸ばし伸ばし、遂に締め切り前日になってようやくの提出となりました。


e0249197_13361082.jpg




まあ、数字の事は別として、今後に向けてひとまず申告出来た事は農園にとって良い経験となりましたし、また具体的な数字として今年度の収入や支出が把握出来た事も大きなプラス。今年度の目標も随分見えてきました。



しかし今年度、計上出来なかった経費も随分あったようで‥‥今年はどんな些細な支出も「領収書を下さい」と、ちゃんと言おう、と思った今年の青色申告でした。
[PR]
by yunobiyori | 2013-03-14 13:07

2013/3/13

あれから丸二年が経ちました。



今、被災地がどれほど元の暮らしを取り戻せたか分かりませんが、今だ暮らせない、宿泊出来ない、立ち入れない、そういった地区も依然としてある訳で、福島原発の湾内の魚からとんでもない数値の放射線量が計測されたり、事故のあった原発の炉内には近づく事すら出来ていない。そういった現状をニュースで耳にするのと同時に、与党は原発の安全基準を新たに制定して、その基準を満たした原発は稼働を再開する方針らしいですが、大いに釈然としない物があります。



リスクの多い、少ないというより、その僅かなリスクの代償の尋常でない大きさを目の当たりにした筈なのに、その問題を微塵も解決出来ないまま、又元の鞘に強引に戻ろうとするのは、その裏にある、どうしてもそうしたい大人の事情と言う物を感じずにはいられないのです。



しかし、総選挙も経て、マニフェストも出された上で国民が託した政党の政策は、ある意味民意を反映したものなのでしょうが、本当にこれでいいんでしょうか。



娘が産まれて初めての3・11。次世代の日本の宝に、親達は何を示せるのか。少なくとも、自分の行動だけは、大きくなった娘に話してあげられる。そういう行動をとれる様に自問していきたいと思っています。







ターサイが花を咲かせました。季節は又巡ります。



e0249197_23451862.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2013-03-11 23:45

ばれんたいんでい


こんな風習はチョコレート会社の勝手に作ったものだ!と、強がってみても誰かくれるんじゃないか、とちょっぴり気になるバレンタインデイ。昨年は会社員だったので義理チョコの嵐でしたが、今年は正直ゼロもあるだろう・・・と思っていました。


まあ、こんな日は世間ではカップルが街に繰り出したりするんでしょうが、百姓にとっては昨日雨に当てた種が畑にあって、明日も雨が降る、と言うだけの事で‥‥トンネルを張りました。


e0249197_23262876.jpg



性格で、ピーンと張れないと気が済まないのでそこそこ時間が掛かってしまいましたが、なんとか張り終えました。右から人参、大根、葉物野菜です。四月頃には間引き菜の柔らかい葉っぱがお届け出来る予定です!菜飯に人参葉の胡麻和え。お楽しみに!




果たしてチョコレートはなんと三つもゲット!石川の義母さんとつまさや、そしてお隣さんのえみかちゃん(七才)から貰っちゃいました。みなさんありがとです〜
[PR]
by yunobiyori | 2013-02-14 23:33

新農家日記2013-2015


買いました。




e0249197_21483370.jpg





昨年初めて購入。一年間使ってみて、日々の記録になるし、なんといっても迫り来る青色申告に威力を発揮しそうなので思い切って三年分の日記を購入です。




日々の記録も三年分。同じ日を三年分一目で比べられる様になっています。




e0249197_21513841.jpg






そして確定申告用には申告に必要な分類で経費が記入出来る様になっているので、しっかりつけていけば申告の時にかなりスムーズになりそう。




e0249197_21531775.jpg






買ったばっかりですが、この日記が終わる時はゆなも三才か‥‥と、当たり前の事を思ったりしました。その頃の農園はどんな風になっているのかな。
[PR]
by yunobiyori | 2013-02-03 21:47

ちょっとした事

前々から調子の悪かった出荷部屋の電気が遂に切れた。



出荷に差し支えるので年末の賑わいを見せるジャスコへ行き、一番安い電灯を購入。¥4900也。



e0249197_2143411.jpg




こんなに明るくなるなんてビックリ!ちょっとした事なんですがかなりストレスフリーな出荷となり、こんな事ならもっと早く交換していればと思った位です。



ちょっとケチって中古でも見に行こうかとも思ったんですがこれで正解だったかな?購入する時にその目的に対して満足出来ると、適正な料金に対しては納得出来るもんだな、なんて思った夜でした。



さあ、出荷が楽しみになってきたぞ!今年度の出荷も残す所あと2回。最後まで気を抜かずに頑張りましょう。特に風邪!
[PR]
by yunobiyori | 2012-12-23 21:12

追悼

今年の夏に、南部町に住んでいた時にたいへん御世話になった〝奥山モッチー〟が亡くなりました。


こういった事はブログで紹介するには適切ではないかも知れませんが、彼がお米を栽培していた田んぼの稲刈りを手伝って欲しいと言う声がかかり、この度参加させて頂いたので報告させて頂きます。


〝奥山モッチー〟は南部町のピクニック会を始めた方でこの会は今でも続いているし、ピクニック会はゆのにも飛び火して(ゆのピク)今ではゆのの文化になりつつありますが、彼の思いが受け継がれているという意味では彼の思いは今でも息づいているのだと思います。

 
そんなモッチーの稲刈りにゆのからも、志高きペーター兄、カラテ兄と共に参加。


e0249197_19275710.jpg





一反程の田んぼですが有志が集結。みんなでやるからサクサク作業が進んでいきます。




e0249197_19302910.jpg





彼が遺した畦。雑草の管理作業の労力を軽減させる為のコンクリートの畦があるのに、わざわざそこに土を盛って畦を作っていた。こうする事で生物の多様性を保ち美味しくて健康なお米を作ろうと考えていた。そんな話しを聞いて彼の農業への想いを改めて感じて、ちょっとやり切れない気持ちにもなりましが‥‥





e0249197_19392541.jpg






かくして稲刈りは滞り無く終了。彼もほっと胸を撫で下ろしているかな。






時に出会いや別れというのは突然やってくるものですが、彼との出会いと別れも又、突然でした。でも彼との時間は確かにあったし、残されたものとしてはこれからどう生きていくかという事しか無い訳で、僕は僕らしくやっていく。それについて正直にいきたいな。そんな事を思った一日でした。




モッチー、今までありがとう!会えて良かったよ。
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-06 19:53

田園

今朝、回覧板をお届けにお隣さんの家まで行き、ふと辺りを見渡すと黄金の海。



e0249197_2104922.jpg




いつもの様に僕の頭にはベートーベンの「田園」が響き渡りました。





冗談はさておきですが、柚野には黄金色の穂が揺れる素晴らしい景色が広がっています。



当農園の稲刈りも10/7を予定していますが、田んぼの稲は頭を垂れ、なんとかその日には間に合いそうです。稲穂を食べてしまうカモさん達はお役御免となりましたが、それでも毎日の餌やりは続けていますので餌代も馬鹿にならず、最近は米糠を半分混ぜて給餌をしています。(写真の稲はまだ株が小さいですが、カモ小屋の所は冷たい水が入って来る所なのでこの辺りだけ穂が出ていません。田んぼの様子はこちら



e0249197_2192341.jpg




米糠にはビタミンや栄養分がたっぷり含まれているのでカモのエサには向いているらしいですが、毎朝美味しそうについばんでいます。鳴き声もピヨピヨからガッガッと変わってきました。





毎朝の憩いの時間です♪
[PR]
by yunobiyori | 2012-09-09 21:19