ゆの日和

yunobiyori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お米( 12 )

2013ゆとり米&ゆのさや米田植えイベント


今年もゆのに田植えシーズンがやってきました。ゆのの有志による東日本大震災の被災地へ向けた〝心〟を送る活動、「~ゆとり米project~」の「義援米」の作付けと、ゆのさや農園の有機米〝ゆのさや米〟の作付けを同時開催します!


e0249197_22101676.jpg


 田植えを行うにあたり、ご案内をさせていただきます

 ・日時  6月15日(土) AM8:00集合  雨天決行

 ・場所  静岡県富士宮市大鹿窪1427 深澤邸地内

 ・参加費 無料

 ・持ち物、装備  タオル、着替え等 
            田植え用足袋(お持ちの方)
            帽子、日焼け止めなど、日除け対策
            
 簡単になりますが、至らないところは各自ご判断願います。

 
 尚、作業終了後に昼食を兼ねて炭を熾します。メニューはゆののオーガニック食材を使ったカレーをご用意させて頂く予定です。

 こちらは

 ・会費 ¥500円(小学生以下は無料)

 ・食器類(箸、皿、コップなど)は各自持参でお願い致します

尚、お酒を召し上がりたい方は持参してきて頂く形でお願いします。


今年も各地から様々なジャンルの方から参加の声を頂いています。詳細についてはゆのさや農園までお気軽にお問い合わせ下さい。



楽しみです!!!



e0249197_22142860.jpg



        
[PR]
by yunobiyori | 2013-06-11 22:14 | お米

精米 


穫れたての新米をお客様や、田植えや稲刈りに参加して下さった方にお届けしようと精米して参りました。


都市部にお住まいの方は〝精米〟と言ってもピンと来ないかもしれませんが、今はもみ殻に包まれている状態なので、籾を剥いて玄米や白米にする事を〝精米〟と言います。


e0249197_23452088.jpg




農村部にはドコでもこういったコイン精米機があって、やっぱり精米したてのお米の方がおいしいので、皆さんその都度精米されている方が多いようです。



手順はこんな感じです。



e0249197_2346257.jpg




お金を入れたら籾を入れて




e0249197_23475389.jpg





標準か上白かをボタンを押して選択。あとは少し待つと白米が出てくる仕組みです。





e0249197_23494057.jpg






わあ、美味しそう!





e0249197_23492795.jpg






ついでに糠と籾もゲット。この日は籾を40k精米して¥600でした。





ゆのさやの野菜を定期的に取って下さっているお客様には11月に順次発送させて頂きますので、楽しみに待っていて下さいね!
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-30 23:51 | お米

脱穀

さあ、いよいよゆのさや米脱穀です。


e0249197_2013163.jpg


脱穀とは、はざ掛けして十分乾燥した稲穂から籾だけを取り除く作業です。今時、コンバインに乗れば稲刈りと同時に脱穀出来るのですが、この方法だと十分乾燥されていないので、この後乾燥機に入れて機械で丁度いい乾燥具合に調整する必要があります。効率も良いので今はコンバインが主流ですが、ゆのさや米&ゆとり米はお日様の日差しで乾燥するいわゆる〝天日干し〟での乾燥をする為、畑で一週間程乾燥させてきました。


そして、いよいよ乾燥行程が済んだお米を稲穂からもみ殻だけ取り除くのですが、その時に活躍するのが〝ハーベスター〟という機械。昨年カラテ兄が譲ってくれた物です。



e0249197_2074813.jpg





乾燥が済んだ稲穂をこの機械に潜らせると



e0249197_208363.jpg





中でドラムが回転していて、風圧で籾だけが袋に選別されます。




e0249197_2095669.jpg




これが今年の新米。



e0249197_20112128.jpg





この地域の人達は皆さん当たり前の様にお米を栽培していますが、ゆのさや自身の田んぼをするのは初体験。お米って毎日食べるじゃないですか。そのお米を自分自身で作るっていう事を始めてやってみて手にした新米は感慨深いものがありますね。なんか、いろいろ感謝の気持ちが湧いてきました。




e0249197_20135147.jpg




結局、今年作付けた5a程の面積で130kg〜140kg程の籾が収穫出来ました。籾を取り除く〝籾摺り〟の作業を経て、予想では100kgちょっと位は玄米がとれるかな?と思っています。しっかり田んぼをやっている方からすれば僅かな収穫ですが、我が家が食べるには十分な量。日頃野菜を取って頂いているお客様や、田植え、稲刈りに参加してくれた方々には少しずつでもお送りさせて頂こうと思っています。



新米楽しみです!!!
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-17 20:21 | お米

彼岸花


こんばんは。

今日から彼岸入りですが、ゆのさや米を作っている田んぼのそばにも

曼珠沙華が沢山咲き始めました。

e0249197_19491212.jpg


今、富士宮では、あちこちで赤い曼珠沙華の花が咲き出していて、

黄色く色づいた稲穂と富士山との綺麗な自然のコントラストの写真を撮りにいらっしゃる方が

沢山いらっしゃいます。

宮城の出身の知り合いの方が、東北の曼珠沙華は、色が赤いけど、

こちらの方は、何故かやさしい色合いをしているのだと話して下さいました。

ゆのさや米は今こんな感じです。

e0249197_19564315.jpg


これから10月の稲刈りに向けて、ますます黄色く色づいてきます。


つまさやでした。
[PR]
by yunobiyori | 2012-09-19 19:58 | お米

稲穂

田んぼでは出穂からどんどんと生育し、稲穂の形が見て取れる様になってきました。



e0249197_2157372.jpg





周りの田んぼでは稲穂が頭を垂れて稲刈りが次々と始まっていますが、当農園のお米も出来は上々の様子です。茎はがっしりと太く籾もたわわです。当農園のカモさん達もこれで一応お役御免です。



ゆのさや米もそろそろ稲刈りの段取りを始めないといけませんが、とりあえずは日程として10/7(日)を予定日としています、詳細は又、追って報告します。因みにゆとり米の稲刈りも同時開催の予定です。沢山の方と交流出来るのを楽しみにしていますし、皆様にも楽しんで頂ける様しっかりと準備を進めていきます。
[PR]
by yunobiyori | 2012-09-04 22:05 | お米

出穂


ゆのさや田んぼに穂が顔を出し始めました。見た所均一で力強い稲穂。面積の割にはそれなりの収穫は出来そうかな?田植えに関わって下さった皆様や、野菜セットを購入して頂いているお客様にはお届け出来るといいなあ、と思っています。又、稲藁や籾が手に入るのも大変重宝すると思うのであり難い。


e0249197_22561853.jpg




問題は鴨達。穂が出ると米を食べ出すのでそろそろお役御免。隔離して飼育しなければなりません。毎朝鴨達と戯れたのももう終わりかと思うとちょっと淋しいですが、美味しいお米を確保する為には仕方ありません。


柚野の田んぼでは早い方はもう稲刈りを始めています。
[PR]
by yunobiyori | 2012-08-29 23:00 | お米

合鴨の雛達、田んぼへ!

今日の午後、

家で一週間程過保護に育てられた

合鴨の雛達が、とうとう田んぼに出動致しました。

とてもかわいがっていたので、

移動してしばらくは、その場を離れられず、

見守っていました。

雛達は、すぐに落ち着いた様子でしたが、

水に入る様子は全くなく、

泳ぎ方を知らないのかと思いました。

田んぼの水面には、あめんぼが沢山泳いでいて、

彼等のエサになる予定です。

e0249197_2219419.jpg






e0249197_22193942.jpg






田んぼの中から撮影。あめんぼもいます。

e0249197_22202872.jpg






後は、外敵から襲われない様に祈るばかりです。

しっかり、大きく育ってね。








つまさやでした。
[PR]
by yunobiyori | 2012-07-02 22:24 | お米

ゆのさや田植え

今日は遂にゆのさや農園の田植えの日です。東京は中野新橋から、ゆのさやもお世話になっている「ロマンス食堂」 のスタッフの方が体験に来てくれました。




先ずは、今年のゆのさやの田んぼで活躍してくれるハズな従業員12名を富士にてピックアップ。




e0249197_21462249.jpg







その後、富士駅にて東京組三名をピックアップ。一路ゆのへ。





e0249197_21503230.jpg





早速、田植えを待つばかりの田んぼに皆さんと向かう。皆さん田植えの経験は殆どないとの事でしたが、最初こそぎこちなかった手つきも直ぐに慣れて頂き、グングンペースアップ。





e0249197_215004.jpg





五瀬程の田んぼとはいえ、それなりに時間はかかると思っていましたが、皆さんの頑張りもあり一時間半程で終了。やっぱりみんなでやるっていいですね。



一汗かいた後は自宅に戻りお楽しみのBBQ。ゆのさや野菜もたっぷり用意して、勿論お酒も進みましたw


いつもゆのさやの野菜に接して頂いているスタッフの皆さんも、実際に産地を訪れて頂き楽しんで頂けたご様子。「稲の今後も見守っていきたい!」「今度はゆのさや農園の草引きを体験したい!」と、有り難いお言葉を頂き、ゆのさやも感無量でした。是非、又一緒に汗を流しましょうね!




それにしても、かっ、かわゆい‥‥こいつら




e0249197_21582611.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2012-06-23 21:58 | お米

2012ゆのさや米、遅ればせながら始動

明日からはしばらく雨降りらしく、本格的な梅雨入りとなりそう。



やる事山積ですが、雨が降っても出来る事は後回しにしてどうしてもやらなきゃいけない事からとりかかる。



朝から出荷を済まして、来週末に迫ったゆのさや田植えに備えての準備をしました。田んぼには3日前までは黄金色の小麦がたわわに稔って頭を垂れていたのですが



e0249197_1465414.jpg




勿論これでは田植えは出来ませんし、麦も刈り時です。先ず一昨日カラテ兄と刈り取り、はざ掛けした麦を、ペーター兄のハーベスターを貸してもらって脱穀。すっかり小麦が収穫出来ました。この小麦はうどん等に姿を変えて東北の地へ届けられる予定。麦の経験はほぼ無いですがいい物が出来上がったんじゃないかと思いました。




そして、雨が降ってはトラクターでの〝荒起こし〟、田んぼの輪郭を掘る〝黒塗り〟が出来ません。田植えは一週間後なのに万が一雨が4〜5日続けば〝代掻き〟までこぎつけられません。もう、何がなんでもです。



e0249197_1543852.jpg





平行して、玉ねぎの収穫と吊るし、ニンニクの収穫もやり切って、なんとか雨前にやりたい事の最低ラインはクリア。これで、週末はイベントに注力出来ますw




〜お知らせ〜


ゆのさや農園が6/17(日)「梅の里」稲子まつりに〝ゆとり米プロジェクト〟として参加させて頂きます。当日は地元の猟師さんとゆのさやいのコラボ、〝百姓と猟師のカレー〟と〝2011ゆとり米〟を販売させて頂き、その売上金を被災地支援に充てさせて頂きます。ゆのさやの野菜も販売させて頂く予定です。お近くの方は是非遊びにいらして下さい。
[PR]
by yunobiyori | 2012-06-15 23:58 | お米

ゆとり米&ゆのさや米 発芽


先日、種まきをして遮光トンネル内で蒸される様に育苗中だったお米のトンネル。



e0249197_228560.jpg



中をちょっと覗いてみると‥‥


e0249197_2282381.jpg




ばっちり発芽してます。ぎっしり生え揃ったお米の新芽。しかしこれはペーター兄家の機会植え用の育苗箱でいわゆる一般的な一枚200g蒔きの苗の様子。



しかし、ゆとり米、ゆのさや米の手植え、合鴨農法での一枚40g蒔きの苗は‥‥




e0249197_22122944.jpg






こんな感じです。ちょっとスカスカで頼りない感じもしますが、なかなかどうして、これがあと三週間程育苗される間にぶっとい苗になり、田んぼにも一本立ちで植え付ける事で秋にはぶっとい稲穂が15本程にも分けつして頭を垂れる訳です。



そろそろトンネルを開けて、常温管理からプール育苗と進めていきますが、いよいよ田植えが近づいてきたのを実感します。
[PR]
by yunobiyori | 2012-05-16 22:18 | お米