ゆの日和

yunobiyori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大根( 13 )

春風一過

正に台風か、と見間違う程の暴風雨。日付の変わる頃まで横殴りの雨に、雨戸に叩き付けられる様な激しい風。危険なので見回りに行く訳にもいかず、家の窓から不穏な気持ちで外を見守るしかなかったのですが‥‥翌日、畑に出てみると



e0249197_2211028.jpg




心配だったトンネルもなんとか踏ん張った様です。ホッと一安心。



トンネルの中を覗くと葉物野菜は収穫間近になっていました。



e0249197_22501069.jpg




大根はもう間引き菜取れるサイズになっています。




e0249197_2250504.jpg




端境で野菜の少ない時期ですが、これらの新顔も収穫まであと一週間程かと思います。月末のイベントにも少しは持っていけそうで、ちょっと期待してみたりしちゃってます。
[PR]
by yunobiyori | 2013-03-19 21:57 | 大根

さっそく発芽

種まき→雨→トンネル被覆→二日雨→数日いい天気、で間違いないでしょうと覗き込むと




e0249197_23251887.jpg




よしきたー、ばっちり発芽してます。一緒に蒔いた小松菜もおっけー。人参は発芽までに時間が掛かるのでまだですが、程よい湿り気を保っており、こちらも問題ないでしょう。


彼等の間引き菜が穫れ出すのは端境のピークの四月の半ば頃。その時期に貴重なラインナップになってくれる筈です。



それにしても発芽したばかりの芽ってかわいいですね。
[PR]
by yunobiyori | 2013-02-20 23:28 | 大根

畑のサイクル

年末、大根の保存をする時に切り落とし、畑にバラまいた大根の葉っぱ。




e0249197_10295646.jpg





霜で枯れ果て、いい感じになってきました。



e0249197_10305127.jpg





表面は枯れていますが、その下は少し発酵した感じになっています。




来月には種まきも始まるので、そろそろ一度トラクターで荒起こして寒晒しして春の作付けに備える必要があります。苗が出来てから慌てて畑を用意しようと思っても間に合いませんからね。
切り落とした大根の葉も土中で分解されれば、又次の作物の養分となり、新しい稔りへと繋がって行きます。



畑のサイクルは少しずつ春へ向かっている様に感じます。
[PR]
by yunobiyori | 2013-01-23 22:26 | 大根

大根保存

今年も残す所後十日。毎朝降りる霜に大根がそろそろ耐え切れなくなる頃でもあります。



という事で一日がかりで大根を保存しました。



先ずは地面に深い溝を切ります。



e0249197_22351474.jpg





この溝に大根を埋めて保存する訳ですが、今年ゆのさやで保存する大根は、三浦大根、緑大根、そして紅芯大根の三種類です。


先ず、ひたすら引っこ抜いてはケットラの荷台にとりあえず積みます。ケットラで畑に乗り入れれば集める作業が楽ですが、四駆のデフでないとちとキツいかもです。


e0249197_22385177.jpg



荷台にたっぷり積み込んだら葉を切り落とします。土中に埋めるので、葉っぱも付けておくと土中で分解されそこから腐りやすくなるし、保存したいので成長を止める意味でも葉っぱは不要です。


パンパン切り落としますが、不要な葉っぱも土中から養分を吸い上げた立派な有機物。後日畑に摺り込むべく畑にバラまいていきます。

e0249197_22384411.jpg




こうして土のレベルより少し低い位まで大根を並べたら後は管理機で土を跳ね上げ30〜40cm位土を盛り上げたら来年の春前まで美味しく食べる事が出来ます。




e0249197_2244175.jpg









これから益々寒さは増し、出荷出来る野菜も少なくなっていきますが、こういった工夫で春先でも色々なラインナップを楽しんで貰えたらと思います。


ようやく懸念材料が解消され(今朝は大根が霜にあたって全滅する悪夢を見ました‥‥)残りは里芋の保存とスナップエンドウのアーチ立て、白菜を縛ったら、片付け関係かな?来週にはカタを付けたいもんです。



e0249197_22525236.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2012-12-20 22:51 | 大根

大根葉

こんばんは。

まだまだ、日中は暖かい日が続きますが、

畑の大根は少しづつ大きく育ってきています。

この時期の大根葉は柔らかくて、また栄養も豊富でとても美味しいです。

e0249197_20315619.jpg


このミニサイズの大根と大根葉を少しした茹でして、

味付けしただし汁でお揚げさんと一緒に煮ます。

e0249197_20334766.jpg


一度その煮たものを冷まして、味を染み込ましてから、

再び温めます。

定番ですが、とっても美味しいです。

この時期、この間引き大根を皆様にお届けできると思います。


つまさやでした。
[PR]
by yunobiyori | 2012-11-12 20:40 | 大根

大根の間引き菜

大根の間引き菜を収穫中です。


播種が少し遅れたものの、霜降を過ぎたにも関わらず暖かい日が続いた影響か、ここまでは順調に育ってくれている様です。


大根がおでんサイズに立派に育つ頃には葉っぱも硬くてあまりお勧め出来ませんが、胡麻和えやお浸し、菜飯にするならこの時期の間引き菜が秀逸。特に菜飯は新米で炊けばそれだけで御馳走ですね。



あと数回はセットでお届け出来そうですw


e0249197_2343433.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2012-10-28 23:07 | 大根

大根中耕


涼しくなって雑草の生育も大分ゆっくりになってきましたが、それでも先日播種した大根の通路にはうっすら雑草が生えてきました。


e0249197_21281228.jpg




毎年そうですが、早すぎても虫にやられるし、遅過ぎると霜に当たるので、大根の播種は九月の半ばから十月の始め頃に限られます。間引き菜が穫れる時期はギリギリ草が生育しているのでここで一回除草をすると効果大。また通路を耕す事で根に酸素を供給し、土中の有機活動も活発になりますので地味ですが重要な作業。それが〝中耕〟ですね。




e0249197_21291438.jpg




そしてそんな時に大活躍するのがこれ。ヤンマーのMT30。これはつまさやの実家にあった物で、お義父さんに頼んで頂いて来たものなんですが、小さいので小回りが利いてとっても便利です。



通路をひたすら機械を押して一時間程で終了。




e0249197_21344830.jpg






全ての通路をかけ終わると黒々とした通路にみどりの筋がキレイです。これでもう少しすると大根も間引き菜が収穫出来る予定。柔らかい若摘みの大根葉で食べる菜飯が楽しみ!
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-14 21:37 | 大根

大根発芽


台風の暴風雨を乗り越えて大根が綺麗に発芽しました。



e0249197_23422853.jpg




ちょっと見えにくいですがキレイに筋になって発芽が確認出来ます。



間引き菜は菜飯で、若取りはサラダに、太くなったらおでんやお鍋に。




楽しみ♪
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-04 23:44 | 大根

コサックダンス


e0249197_22273685.jpg







もしくは♪マーイムマーイムマーイムマーイム
[PR]
by yunobiyori | 2012-06-12 22:28 | 大根

畑の畦からのごちそう

畑では穫れるものがまだ乏しいですが、大根の間引きなが穫れ出しました。



e0249197_12525824.jpg




それと、今なら売る程穫れるツクシも。あまり食べた事は無いですが食べれるもんは何でも美味しく頂きましょう。



剥く。



e0249197_12543563.jpg





さっと湯がいて冷水で洗いしっかり水を切り、ごま油で炒める。そこにだし汁に砂糖と醤油を入れて一煮立ちさせて、卵でとじる。



e0249197_12552131.jpg




卵とじに!



e0249197_13262331.jpg






春の苦みとシャクシャクした食感が素晴らしいです。ごま油がポイントのようです。



頂き物ですが、知人が摘んできたクレソンもパスタに。



e0249197_13154985.jpg





身近にある自然の野草で食卓が豊かになる。こういう知恵ももっと磨いて行きたいです。でも土筆はスギナの胞子茎。人参畑にびっしり生えているスギナは出て来なければいいのに・・・・
[PR]
by yunobiyori | 2012-04-02 13:24 | 大根