ゆの日和

yunobiyori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ゆなさや( 8 )

友菜一才!


11/17で友菜が一才になりました!



e0249197_11173872.jpg




沢山の人に見守られて、すくすく成長中。有り難い事です。一才で一升餅を背負いました。



e0249197_1118375.jpg





これからも宜しくお願いします。m(_ _)m
[PR]
by yunobiyori | 2013-11-19 11:20 | ゆなさや

新米親父

最近、ゆなの顔の湿疹がひどくて心配しています。肌荒れというか。


新生児にはよくある事らしく、調べてみたり、先輩方に聞いても「みんな初めはなる」とか「一才位から良くなる」とか聞くので、多分大丈夫なんだろうと思いながらも、やっぱり心配しちゃったりして、先日病院で診察して頂きました。


そこは地元では有名というか、かかっているお子様は多い様で、ゆなの時も二十人待ちとかでした。


僕は仕事で付き添えなかったのですが、六種類のお薬を処方して貰ったみたいで、内ステロイドの成分の入ったお薬も一種類あります、と説明されたと言っていたのですが、正直、こんな産まれて二ヶ月しか経っていないのに、もう六種類ものお薬を毎日塗らなければいけないなんて、ちょっと可哀想だな、なんて思ったりしました。


それでそのお薬を塗ってみたんですが‥‥すっごく良くなるんです!ガサガサ、グジュグジュ、だったお顔が一晩でつんつるてんに。この時はやっぱりケースバイケースでお薬も便利だな。とにかくキレイな顔になって良かった。と思ったんですが、一方で何が入っているんだろう‥‥と、ちょっと不安に。



そして又1日経つと荒れてきます。で、又塗るんですが良くなって、又荒れてきて‥‥なんていうか、その場しのぎで、やっぱり本当の原因が改善されていないから、これではいつまでも薬に頼る様な形になってしまうんじゃないか。そう思っていたんです。


そしたらつまさやも同じ事を思っていたみたいで、




「今日から卵と牛乳と小麦を止めて、それでも良くならなかったら大豆を止めてみる」




と言い出したんです。なるほど、今は完全母乳なので母親の体を伝わって何か影響が出でいるのかもしれない。そう思い僕も協力出来る事はしようと思いました。





そんな事を始めて2.3日経ったある日、配達の時に子育て中でもあるお客様から子供の様子を尋ねられたのがきっかけで別のお医者さんの事を教えて頂いたんです。なんでもその先生は食生活等の根本的な原因を指摘してくれて、漢方等も処方してくれると。それで後日診察を受けに行ってみたんですが、(これもつき添えれませんでしたが)なんでも母子ともに牛乳が体に合っていなくてゆなの顔の荒れもここからくる物ですよと診察して下さったみたいで、さらに前の医院で処方されていた六種類のお薬も持参していったんですが、前の医院では説明されなかったんですが内五種類にステロイドの成分が入っていて、食生活が原因だからそこを改善するべきで、こんなキツいお薬は使う必要は無いですよと。そんな内容だった様です。



そして、一番驚いたのはゆなに処方されたお薬が無かったという事。同じ時期に同じ症状で診察して頂いて、方や六種類のキツいお薬、方や処方されるお薬が無いという事実に少なからず驚きを覚え、先生によって診察がこんなにも違うという事を知りました。




新米親父なので、正直何が一番良いのか、という事は分からないのですが、症状は顔の荒れで、直ぐに大変な事になる様な症状ではないし、荒れるという事は彼女が今自分の体の中の悪い物を排毒しているのかもしれないし、何より彼女自身の精神と肉体が、正に自分に起こっている問題をなんとかしようとしている所で、彼女自身で解決出来る事を、今親が余計な手出しをして、その機会を奪い、この先も他人や薬や、自分以外の物に頼ってしか解決出来なくなってしまったら、それは全く大きなお世話というものでしょう。



ちょっと、飛躍してしまったかも知れませんが、子供の事を思えばこそ色んな事を考えるもんですね。「子供に教わる」とはよく言ったもんだと思います。




かくしてつまさやは牛乳を止め、美味しい卵と小麦は止めずに済んだのですが、原因は親の食生活と無知にあったのに、肌荒れが痛々しい顔でにっこりと微笑んでくれるゆなの笑顔を見ると、ホントにこの子の為なら何でもしてあげられるなあ、なんて、誰でも思うんでしょうけど、おもったりしますね。




ゆなの顔の湿疹はほぼ現状維持ですが少ーしずつ良くなっている様に思います。やっぱり女の子だから早く良くしてあげたいです。






e0249197_20212934.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2013-02-21 19:33 | ゆなさや

笑顔


最近‥‥




e0249197_2230264.jpg





笑うんです。ゆなさん。




産まれて一週間位からタマに笑顔は見せてくれていたのですが、これはいわゆる新生児微笑といって筋肉の反射で起こる笑顔という事なんです。が、最近の笑顔はそれとは違った物で機嫌が良くて一人でもぞもぞしている時に覗き込むとパッと目が合って




ニコッ♪




って笑うんです。





ついでに






「うー」






とか






「あうー」






とか言うんです!そんで僕も「あうー」と言うと





「あうあうあー♪」






とか言ってくれるんで、これが今の所のゆのさや親子の会話です。







これのおかげで今日は出荷が押しました‥‥
[PR]
by yunobiyori | 2013-01-08 22:38 | ゆなさや

一ヶ月検診

本日はお日柄も良く、収穫も出荷も配達も無い水曜日。という事で里芋、大根を保存するには最高の日だったのですが‥‥結論から言えば畑仕事は出来ませんでした。


先ずは石川の義母さん。今日まで2週間もの間ゆのさや家のお手伝いに来て頂いていたのですが、本日帰られるとう事で先ずは新富士駅までお見送り。まあ、これは当然やむを得ません。



そして早いもので生後一ヶ月。ゆなの一ヶ月検診に行って参りました。



e0249197_22321388.jpg




ジャスト4300g。至って健康。




e0249197_22468100.jpg




記念すべき初の外出。これから少しずつ一緒にお出掛け出来る様になるのが嬉しいです。まあ、これもやむを得ない用事で。





帰って来てからは富士宮の農家さんの組合〝有機食人〟のミーティング。通常の打ち合わせに加えて今後の方向性に付いてブラスト風に意見を出し合い、かなり突っ込んだ話し合いに。こんな素晴らしい若い農家さん達が、何でも意見を出し合って今後について知恵を絞っている。きっと今後何らかの形になって成果として出てくる筈だと思うので、その動きも又お伝えしていこうと思います。


そう、これもやっぱりやむを得ず。


帰宅すれば八時過ぎ。ゆなとお風呂に入ってご飯を食べればこんな時間に。





明日こそは、掘ります!埋めます!保存します!!!
[PR]
by yunobiyori | 2012-12-19 22:43 | ゆなさや

ゆななう

最近、


「ブログ見てますよ〜」



って、時々言われます。



「ゆのさや家の事みんな知ってますよ〜」



とか。




じゃあ、コメントしてもいいよ! AさんとかOさんとかTさんとかIさんとか!





タマにはゆなちゃんの話題も。




毎日沐浴させているんですが、出生後も変わらず畑で過ごす日々の中での、娘との唯一の時間。




e0249197_21412739.jpg





最近、家に帰る時は意味も無く車を飛ばしてしまう、ゆのさやでした。
[PR]
by yunobiyori | 2012-12-07 21:32 | ゆなさや

出生届け

天気予報通りの雨模様の一日。こんな日は畑に出て出来る事も限られてしまうので、逆に日頃は出来ない事をするチャンスでもあります。



という事で、種を買いに行ったり、お米を精米に行ったり、買い物に行ったりと、こんな日はこんな日なりにやる事目白押し。



そして、役場にも行ってゆなちゃんの出生届けを済ませてきました。



e0249197_2174862.jpg




併せて児童手当と医療補助の申請も。新しく産まれた子供にはこんな制度があるんだなあ、と有り難く感じました。



これで公的にも出生が認められて一国民としてのスタートを切った訳ですね。新聞にも載るらしいですよw(新聞取ってないので見れませんが)




お隣さんからはステキなお祝いを頂きました。



e0249197_2111125.jpg





〝オムツのケーキ〟だそうです。



かわいい!




Lサイズなので暫くは使えないそうなので、その間は飾らしてもらいます。だんごさん、えいこさん有り難うございました!
[PR]
by yunobiyori | 2012-11-26 21:12 | ゆなさや

一夜明けて

静岡県に台風並みの暴風雨が吹き荒れる中、無事長女が誕生しました。


金曜日に出荷を終えて、配達も終え、雨前にとトンネルの葉物も播種。そろそろ陣痛があってもおかしくないけど、まだかな〜なんて思いながら就寝して間もない17日の深夜二時。遂に陣痛が。


いつもの前触れの様な陣痛(前駆陣痛)の様でもあるけど、明らかに痛みが違うというので病院に電話を入れ、とりあえず診察をして貰う事に。

4時に病院へ行き診察をして、明け方まで様子を見て陣痛が強まる様なら入院という事に。朝、6時まで様子を見て緩やかに陣痛が進行しているので、入院となりました。


自然分娩(促進剤を使わない分娩)を希望していたつまさやは、そこから午後2時まで陣痛に苦しみました。なかなか本格的にならない陣痛の中で、薬に頼らない様にと、陣痛と陣痛の間にヘロヘロになりながらもスクワットをしたり、歩いてみたりしながら本陣痛に発展する様に頑張っていました。が、午後2時を回ると促進剤は使えないので、明日まで頑張るか薬を使うか決めて欲しい(それ以降は夜等、助産師さんの人数が減るため危険を伴うので使えないとの説明でした。)と判断を迫られました。こればかりは本人にしか決められない事なのですが、つまさやは後30分様子を見させて欲しい、と絞り出す様にいうので、自分は背中をさすったりして様子を見守りました。本人の体力も限界に近かった様なので(ここまで陣痛開始から12時間)30分後に状況が変わらなければ観念しよう、と思っていた様ですが、30分後の診察で子宮腔がほぼ全開になっているとの事で急遽、陣痛室から分娩室に入る事になりました。



ここから、猛スピードで陣痛が強まり、間隔も2分程に。



僕も出産に立ち会う事が出来ました。




こうして、ゆなは誕生しました。15:50。自然分娩で3270gの赤ちゃん。ゆのさや農園を始めた時に身ごもった彼女に、友達を大切に出来る人になって欲しいと言う願いを込めて〝友菜〟と名付けました。


沢山の方から〝おめでとう〟のお言葉を頂き、感激。みんなに祝福されて産まれてくる事ができて良かったね。



朝、とりあえず陣痛の一報をと思い石川のお義母さんに連絡すると、何と15:40には富士宮駅に到着!!真っ直ぐ病院に来たときは出産直後で赤ちゃんを抱かしてもらう事も出来て良かったですが、石川からそんなスピードで来れるのかとビックリ。


その晩はお義父さんたちと飲み過ぎて、久しぶりの二日酔いはかなりヘビーでしたが、とんぼ返りで翌日帰られたご両親には本当に感謝です。



e0249197_21514680.jpg




そんなこんなでホッと一息ついている次第ですが、早速熱を出してしまい新生児治療室に入っていてさっそくオロオロしております。幸い順調に回復しているので大事には至っていませんが、心配で毎日病院に通いになりそうです。




応援して下さったみなさん、心配して下さった皆さん。本当にありがとう。まだまだ始まったばかりなのですが、これからも親子共々宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by yunobiyori | 2012-11-18 21:20 | ゆなさや

初めまして、ゆなさや!!!


e0249197_2232733.jpg



応援して下さった皆さん。本当にありがとう!!!


11/17。母子ともに健康。ゆのさや農園に新たな家族が仲間入りです!



これからは、親子ともども宜しくお願いします!
[PR]
by yunobiyori | 2012-11-17 22:34 | ゆなさや