ゆの日和

yunobiyori.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

柚野産小麦のホットケーキ


こんばんは。

先日、いつも大変お世話になっております、

カラテ兄さん家から、自家製の無農薬で作った小麦をいただきました。

香りがとても良く、何に使おうかと思っていましたが、

ホットケーキを作ってみました。

こんな感じです。

e0249197_17583779.jpg


とっっっっても美味しかったです。

カラテ兄さんあやさん、ありがとうございました!
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-31 18:10 | うまいさや

精米 


穫れたての新米をお客様や、田植えや稲刈りに参加して下さった方にお届けしようと精米して参りました。


都市部にお住まいの方は〝精米〟と言ってもピンと来ないかもしれませんが、今はもみ殻に包まれている状態なので、籾を剥いて玄米や白米にする事を〝精米〟と言います。


e0249197_23452088.jpg




農村部にはドコでもこういったコイン精米機があって、やっぱり精米したてのお米の方がおいしいので、皆さんその都度精米されている方が多いようです。



手順はこんな感じです。



e0249197_2346257.jpg




お金を入れたら籾を入れて




e0249197_23475389.jpg





標準か上白かをボタンを押して選択。あとは少し待つと白米が出てくる仕組みです。





e0249197_23494057.jpg






わあ、美味しそう!





e0249197_23492795.jpg






ついでに糠と籾もゲット。この日は籾を40k精米して¥600でした。





ゆのさやの野菜を定期的に取って下さっているお客様には11月に順次発送させて頂きますので、楽しみに待っていて下さいね!
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-30 23:51 | お米

みょ〜

稲刈り後乾燥させて脱穀も終わり、何となく一安心なんですが、お米の収穫も勿論なんですが、脱穀後に出る稲藁(除草等)、もみ殻(保湿等)、ぬか(発酵促進原料)等の副産物もお米に負けない位の実用性があり、利用価値の高い収穫物なんで、それも目的のひとつだったんですが・・・



その稲藁も放置しておくと分解してしまい、しばらくするとぼろぼろになってしまうので、




みょ〜



e0249197_22194978.jpg



上の写真は拾い物ですが、イメージ的にはこれ。ゆのの辺りでは〝みょ〜〟と呼ぶとか。使いたいのは来年の初夏の頃。それまでいい状態で保存する為にこれを作りたかったのです。



さっそくネットで作り方を調べてチャレンジです。先ず、中心に棒を立ててそれを中心に藁を積んでいきます。



e0249197_22234042.jpg





積んでは中心を踏み固め、




e0249197_22232928.jpg





積んでは中心を踏み固める。




e0249197_22244489.jpg






やっぱり見栄えもキレイに作りたいので時々板で周りをばんばん叩いて形も整えます。




e0249197_22255527.jpg






ここで日が暮れてしまい、何とか雨前にやり終えたかったのですが無念の中断。取り敢えずブルーシートを被せておいたのですがやっぱり雨水が中心部に染み込んでいったみたいで、数日後に行くとすでに中心部の藁は発酵していて納豆みたいな匂いが・・・この後藁を逆向きに積んで庇にしてそれを積み上げて屋根を作っていってやっと完成なのですが、やるなら一気にやり切るべきでしたね。整形もイマイチで来年のリベンジを早速誓った初めての〝みょ〜〟作りでしたが、まあ、











楽しかったです!







e0249197_22303766.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2012-10-29 22:31 |

大根の間引き菜

大根の間引き菜を収穫中です。


播種が少し遅れたものの、霜降を過ぎたにも関わらず暖かい日が続いた影響か、ここまでは順調に育ってくれている様です。


大根がおでんサイズに立派に育つ頃には葉っぱも硬くてあまりお勧め出来ませんが、胡麻和えやお浸し、菜飯にするならこの時期の間引き菜が秀逸。特に菜飯は新米で炊けばそれだけで御馳走ですね。



あと数回はセットでお届け出来そうですw


e0249197_2343433.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2012-10-28 23:07 | 大根

ケガをした合鴨さん その6 続き


こんばんは。

ケガをした合鴨さんの小屋が完成しました、とお伝えしましたが、

小屋と庭が繋がった様子をお伝えしたいと思います。

こんな感じです。

e0249197_2132194.jpg


少し違ったアングルからは、

e0249197_2133125.jpg


こんな感じで、小屋にはスロープで出入りします。

片足の不自由なグーちゃんも苦もなく出入り出来る様になりました。

なんと、この前は、種まきをしている私を見て、

餌がもらえると勘違いして、写真にある板の上に飛びのりました。

片足が不自由でも、飛ぶ事が出来るのだと、感動した出来事でした。

板の下には、両足の不自由なチョキちゃんがかごに入っています。

皆、とても元気です。

また、カモさん達の様子は後日ご報告致します。


つまさやでした。
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-27 21:26 | 合鴨

ケガをした合鴨さん その6


こんばんは。

とても久しぶりに、我が家でペットとなったケガをした合鴨さんの話題です。

初夏の頃から、作る作るといいながらも、

あまりの忙しさに中々取りかかれずにいた、

合鴨さん達の小屋が、とうとう完成しました!

こちらです。

e0249197_2029950.jpg


ななめ後ろから見ると、

e0249197_2030088.jpg


こんな感じです。

購入した材料は、主に、波板と金網です。

その他の木材は、いつもお世話になっております、カーポス工作所さまから、

使わない、木材のはしきれをいただいてきて使わせていただきました。

本当にありがとうございます。

御陰様で、とってもステキな小屋が出来ました。

e0249197_20333548.jpg


右下につけましたこの小さな扉からスロープをつけて合鴨さん達は出入りをします。

e0249197_20351441.jpg


今まで日中過ごしていた、この家の前のスペースと繋げます。

合鴨さん達も、きっと喜んでいる事と思います。

なんといっても、私が一番喜んでいます。

また後日、小屋と庭とを繋げた様子や、その後の合鴨さん達の様子を

お伝え出来ればと思います。


つまさやでした。
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-26 20:39 | 合鴨

ゆのちゃん

私事で恐縮ですが‥‥



この秋ゆのさや農園に新たな家族が増える予定です!



e0249197_2327727.jpg




つまさやはいよいよ臨月に入り、お腹も大分大きく膨らんできました。




ゆのに移り住み、ゆので農業を始めたこの春にお腹に宿った命。名前はまだ決めかねていますが僕達は〝ゆのちゃん〟と呼んで会える日を楽しみにしています。




そして立ち会い出産を希望しているので、この度〝母親学級〟というものに出席。




e0249197_23372339.jpg
出産についての助産師さんの話しを聞いたり、ラマーズ法の練習をしたりしたのですが、出産のDVDで赤ちゃんが産まれる様子をみて思わず号泣‥‥まだ本番でもないのに、この調子では本番はどうなる事やら。



まあ、とにもかくにもゆのさや家にやってくる新しい家族。皆様にも暖かく見守って頂けたらと思っておりますので、宜しくお願いします。
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-25 23:38 | 柚野

カブカイシ


e0249197_23314776.jpg




今年もカブの収穫が始まりました。穫れ始めは肌もキレイなべっぴんさん。又、驚いたのは葉っぱの美味しさ。穫れ始めならではの柔らかで瑞々しい葉は小松菜の様に美味しく食べられます。




早速、野菜セットにも入れさせて頂いていますので、是非お試し下さい!
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-24 23:33 | 葉物野菜

第三土曜日は


ゆのぴく




今回は、ゆのさやさいとペーター兄の合鴨と椎茸をを投入した合鴨鍋w




e0249197_7161290.jpg




お味の方は、こんなに美味しい物だとは思わなかったです!合鴨はマガモと違って食べるのには適さないと言う様な話しも聞いた事があったんですが、なかなかどうして、こんなに美味しいなら使い道は幾らでもあるのでは、と思う程でした。





満天の星空の元、焚き火を囲んで気の置けない面々との語らいのひと時‥‥又、飲み過ぎちゃいました。
[PR]
by yunobiyori | 2012-10-23 07:12 | 柚野

ポリカ波板フック

これ位寒くなって来ると野菜の成長もゆっくりに。もう、この時期だと種を蒔ける野菜もそう多くありません。雑草達の勢いもすっかりおとなしくなり、ようやく台風で吹っ飛ばされたベランダの屋根に取りかかる事に‥‥



先ずはズタズタにされた屋根を撤去。




e0249197_21245256.jpg





引っ越して来て以来全く手を付けていなかった物干し場。良い機会なので雨戸を閉めてホースでじゃぶじゃぶ水をかけてタワシでごしごし洗ってみた。



長年のコケみたいな物や裏側に溜まっていたホコリ等もスッキリ。ここから屋根を張り替えるんですが今回大いに役立ったのがポリカーボネート製の〝波板フック〟



この商品は屋根の下地がレールになっている場合に有効な商品ですが、その場合でも今まだだったらトタンに穴を開け、そこに傘釘を通し、屋根丈夫のナットを回して締めていたのですが、この商品は
傘釘を通したらクルッと回転させるだけという優れもの。トタンの天場からレールまでの長さがピッタリじゃないと使えないのでミリ単位で計測する必要がありますが‥‥ラクチンでしたよ!



トタンを載せて、パンパンパンと穴を開けて傘釘をさしてクルックルックルッ。パンパンパンクルックルックルッ。パンパンパンクルックルックルッ。この繰り返しでテンポ良くトタンが張られていきます。



日没までになんとか終了。こうなると雨もちょっとは楽しみになります。




夏は畑仕事に追われ家の事は手つかずでしたが、これから少しずつ時間を作って家の事も進めたい。思いがけず援農の方が定期的に来て下さっているのでもっと快適な家にしたいのです。




e0249197_2155173.jpg

[PR]
by yunobiyori | 2012-10-22 21:56 | Do It Yourself!